特集・コラム

リビング仙台ツアー

〈8月出発〉親子でひらめこう!「謎解き仕立ての鬼首ツアー」〈コース№0826〉

2017年07月26日(水)

鬼首の自然を楽しみ、謎を解いて 「鬼首のタカラ」を家族で見つけよう
川風が涼しい、荒雄湖畔公園の 河原で謎解きのヒントを集めよう

川風が涼しい、荒雄湖畔公園の 河原で謎解きのヒントを集めよう


8月26日(土)日帰り 家族で休日の過ごし方を大崎市鬼首で体験
大人3000円、小学生1000円


子どもたちの夏休みの一日は、豊かな自然に育まれた鬼首(おにこうべ)で楽しい体験を!
「宮城おおさき移住支援センターくーらす」では移住促進事業として、親子対象のモニターツアー「謎解き仕立ての鬼首ツアー」を企画。田舎暮らしに興味がある家族20人を募集します。
昨年は多くの申し込みがあり、好評を博したこのツアー。第2弾の今回は、謎解き形式で鬼首を楽しみます。小学生でも解ける問題なので、気軽にトライ。バスの中から謎解きのヒントが公開され、荒雄湖畔公園の河原での沢遊びや昼食のバーベキューにもヒントが満載です。
廃校になった中学校を利用した鬼首山学校で、集めたヒントを元にいよいよ謎解きをスタート。家族で力を合わせて、施設内や各所にある?鬼首のタカラ?を探しましょう。さあヒラメキを使って親子で解決! 全員に大崎のいいもの「大崎の宝」をプレゼント。
参加希望の方は、電話または仙台リビング新聞社のホームページで申し込みを。申し込み締め切りは8月7日(月)。応募者多数の場合は抽選となります。
親子でひらめこう!「謎解き仕立ての鬼首ツアー」
●実施日/8月26日(土)、日帰り
●集合/仙台駅東口
●旅行代金/大人3000円、子ども(小学生)1000円。バス代、昼食代、体験代、おみやげ代込み
●定員/田舎暮らしに興味のある家族20人。応募者多数の場合は抽選
●最少催行人員/10人
●添乗員/同行しません。くーらすのスタッフが同行
●利用バス会社/第一観光バス
●企画/宮城おおさき移住支援センターcu:rus(くーらす)
●参加条件/モニターツアーにつき、体験ツアーに関するアンケートやレポートに協力できる人。ツアーの様子は、くーらすや大崎市のホームページなどで紹介される場合があります ※参加者の個人情報は、運営管理のため企画者に提供します。同意の上、申し込みを 
●鬼首山学校に関する問い合わせ/宮城おおさき移住支援センターcu:rus(くーらす) ?0229(25)4493


◇行程
仙台駅東口(9:00)→荒尾湖畔公園(謎解きのヒントを集めながら沢遊び。昼食はバーベキュー)→鬼首山学校(バスの中や荒尾湖畔公園で集めたヒントを元に、「親子で謎解き〜鬼首のタカラを探し出せ」にチャレンジ)→あ・ら・伊達な道の駅(休憩、買物)→仙台駅東口(17:00頃)
【申し込み・問い合わせ】
仙台リビング新聞社 電話022(265)2511


旅行企画・実施/仙台リビング新聞社 仙台市青葉区大町1-1-30(宮城県知事登録旅行業第2-361号)

※お申し込みの際は仙台リビング新聞社の「国内募集型企画旅行条件書」をお読みのうえ、お問い合わせください
※約款は下記をご参照ください
募集型企画旅行契約の部特別補償規程受注型企画旅行契約の部手配旅行契約の部・ 旅行相談契約の部
(当社規定の同等バス会社に変更の場合があります)
申し込み・応募はこちら