トピックス

interview

パンダライオン インタビュー

2017年07月29日(土)

悩みの先につかんだ誰もが“上がる”渾身5曲 限界に挑む待望のライブは8月6日(日)!
新たな自分たちへの挑戦。その形がなかなか見えず、今年前半は活動も控えめだった、仙台を拠点とするエンターテインメントユニット「パンダライオン」。彼らが最新ミニアルバム「boost」で大きく前進!

「僕ら自身も聞く人も“上がる”ような、攻撃的で鳴らしたくなる音楽を目指しました」(KIMさん)と、初めて一つのコンセプトに忠実に作ったという本作。収録の全5曲はこれまで以上にダンスミュージックを意識したサウンドで、カッコよさを全面に感じます。中でも表題曲「boost」は、MC2人の攻めのリリックとあえて歌詞をのせずに叫ぶサビが印象的。「このサビにはさまざまな思いが詰まっています。ただただ衝動を感じてもらうような音楽の楽しみ方もしてほしいです」(KIMさん)。

「パリピ Is Dead」も今後のパンダライオンの方向性を示す一曲。「応援メッセージを放つことが多かった僕らが初めて批判的な音楽メッセージを込めて作った曲。賛否両論の声が出ることは覚悟の上です」とはリリックを手掛けた59さん。ミニライブでいち早く披露されたこの曲は持ち歌「パーリー☆ピーポー♪」へと続き、すでに会場を湧かせています。

8月6日(日)にはワンマンライブも開催。「しゃべりは控えめに、真剣勝負で限界に挑みます」と二人。変化した4人の姿をぜひステージで!
「パンダライオン LIVE  2017 summer jungle」
8月6日(日)午後5時30分開演、チームスマイル・仙台PIT で開催。
オールスタンディング4500円(ドリンク代500円別)、各プレイガイドで発売中。
詳細はニュース・プロモーション=電話022-266-7555。